受験情報

保護者の皆様へ

中3生が確実に志望校に合格するために、どのような計画で、どんな準備をしていけばいいのか、またステップでの取り組みをご説明します。

 

 

 

 

第1回「春期講習会~夏休みまで 」
ステップでは3月末からスタートする春期講習会から中3生の受験指導を本格的に開始します。
講習会では、志望校の確認、各教科の勉強法や受験までのスケジュールなどの説明を行い、いつまでに、どんなことを、どんな風に勉強していけばいいのか、また受験までの意識の持ち方などを理解してもらっています。受験生の勉強は今まで習ってきた範囲の復習と、中3生で習うことの理解、この二つを同時進行で進めていかなければなりません。部活動を引退する夏休みまでは、体力的にも精神的にも大変な日々が続くと思います。ただ、この時期に復習をきちんとしておけるかが、夏以降の成績に大きく関わってきます。

春期講習から夏期講習まででの約5か月間で、中1・中2の間に習ってきたことの大まかな復習と、中3の一学期の内容の理解ができるように指導しています。また、学校の定期テスト対策もしっかりとやりますし、学校のワークに取り組むためのワークデイなども用意してあります。この対策がそのまま、受験勉強にもなるのです。入試は、各学年の内容が3分の1ずつ出されている教科もありますので、中3の内容は後で復習する時間を取らなくても大丈夫なように指導しています。

 

 

 

 

 

 

第2回「夏期講習~8月末」

この時期には、中1~2までのおおまかな復習が終わっているのが理想です。ただ、この復習では、まだわからない部分があっても、覚えていない分野があってもかまいません。とりあえず中3の一学期までの範囲が一回終わっていればよいと思います。8月末には、一学期から学習してきた内容の確認をする模擬テスト(業者テスト)の受験が始まります。この8月から1月まで毎月模擬テストを受け、偏差値の推移を追いかけていきますが、このテストのための対策をやりながら、抜けている部分や、十分に理解できていない部分を演習を通じて埋めていきます。これを二学期いっぱい続けていく中で、テストでも点数がとれるようになっていきます。

第3回「模擬テスト」

ステップでは、一学期の間には塾内のテストを、8月からは毎月業者の模擬テストを実施しています。この模擬テストは一万人弱の受験生が受けているテストです。得点、偏差値、志望校内での順位がわかるようになっています。志望校決定にはこのモギテストの結果がとても重要になります。この結果で最初に見てもらいたいものは、自分の偏差値が志望校の基準偏差値に届いているかどうかです。基準偏差値は前年度までの入試の結果から割り出されたもので、完璧はないですが、かなり信憑性の高いものになっています。毎回毎回の結果がこの基準偏差値を超えていれば、その志望校に合格できる可能性は高いです。
次には、偏差値の「推移」です。五教科総合の偏差値の推移が上がり調子なのか、停滞しているのか、下がってきてしまっているのか、8月から12月くらいまでの結果で、それまでの勉強時間ややり方などの努力を客観的に見ることができます。
理想は基準偏差値に届いていて、上がり調子になっていることですが、多くの生徒の成績は必ずといっていいほど、上下します。それなので、基準偏差値に届いていれば、多少の推移は気にしなくてもよいと思います。(ちなみに各高校の基準偏差値は毎年変わります。詳しくは教室までお問い合わせください。)問題になるのは12月までに基準偏差値に届いていなくて、下がり傾向にある場合です。もちろん、最終的な出願は2月末で構わないのですが、あまりにも基準偏差値とかけ離れているならば、もう一度志望校について考えてみる必要はあると思います。模擬テストの結果は約2週間でご自宅に郵送いたします。答案用紙は生徒の皆さんにお返しし、次のテストに向けてのアドバイスと相談や悩みなどがあれば、それをお受けするような形で簡単な二者面談を行っています。

 

 

 

 

 

 

第4回「進学説明会」

ステップでは進学説明会を9月に実施します。模擬テストの成績表の見方や私立高校受験の仕方など、お子様や保護者の方がもたれるであろうさまざまな不安や疑問を解決できるようにご説明します。このときに私立の受験の仕組みなどをご理解いただき、ご家庭で進路について改めて話す機会を作っていただきたいと思います。近隣の私立高校の学業特待入試は年明けすぐに行われますので、この段階で私立高校の受験について話し合っておくことは、とても大切です。次回は私立高校学業特待入試について触れたいと思います。

毎年多くの保護者の方に参加いただいております。

さまざまな資料を使いご説明します。

 

 

 

第5回「私立学業特待入試①」

学業特待入試とは、「1月上旬にある各私立高校の併願入試」です。併願入試とは、「他の高校も受験します」という状態で受験することです。私立高校を単願で受験するお子さん以外は、「本命の第一志望の公立高校」があるわけで、併願の状態で私立高校の入試を受けることになります。続いて「学業特待入試」は、「入試の結果により合格の種別が決定」され、「点数次第で大学進学に力を入れたクラスに入学」でき、「点数次第で入学金や授業料の減免などの恩典」がつく入試です。また、「単願切り替えすると合格の種別がアップ」することがあり、学校によっては「再チャレンジの機会」もあり、「公立高校の後期選抜発表まで、合格の権利は保持される」入試です。公立高校を第一志望にしている生徒の皆さんにとっても、その後に控える公立高校入試の合否判断材料にもなる重要な試験になります。わかりにくい表現もありますので、次回は2019年度樹徳高校の学業特待入試を例に説明させていただきます。

第6回「私立学業特待入試② 樹徳高校を例に」

これは樹徳高校の学業特待入試(正式名称:学業奨学生入試)を受けたときに出る合格の種別というものです。このように、入試の得点(これは今年の1月の入試の点数です)によってSA奨学生から単切合格まで、10段階の合格の種別が決められます。例えばこの最上位のSA合格のお子様は、SS組またはK組というレベルの高いクラスに入学でき、入学金から毎月の授業料まですべてが無料で通学できる合格です。黄色いところが、「入学金や授業料の減免などの恩典」がある合格種別です。また、ピンクのところは公立の高校と同じまたはそれより安い金額で通学することが出来る合格種別です。青いところは「大学進学に力を入れたコース」、緑のところは「それに準ずるコース」、オレンジのところは「様々な進路に対応するコース」です。樹徳で一番人数が多いのは、このオレンジのコースになります。また、通常は併願で受験する学業特待入試ですが、合格が出た後で「単願に切り替える」と合格の種別がアップしたり、恩典が強化されたりすることがあります。この赤い矢印の部分が単願切替の特典がつく合格の種別です。例えば、B合格だった生徒は,単願に切り替えることによってA合格になります。また、学業特待入試は、合格すれば「公立高校の後期選抜入試(3月15日)の発表が終わるまで、合格の権利が保持」される入試です。単願切替はもうできませんが、もし本命の公立高校が不合格だったとしても、滑り止めの私立高校があるという状態になります。より安心して公立高校受験に臨めるというわけです。このような「学業特待入試」をさまざまな私立高校が実施しています。なお、単願切替できる期限はその私立高校によって違いますが、後期選抜入試結果(3月15日)を待つことはできません。前期選抜入試の結果(2月15日)が出るあたりで、単願切替するかしないかを決めることになります。ただし、この例にあげた樹徳高校の単願切り替えは少し特徴があります。それについては次回、もう一つの学業特待入試である、ランクアップ入試・ステップアップ入試の説明と合わせ、また、ほかの私立高校の例も交え書かせていただきます。

第7回「私立学業特待入試③ 再チャレンジ入試」

これは、桐生市近隣の主な私立高校の入試日程を示したものです。1月上旬に、「私立高校の学業特待入試」があり(ピンク色の部分)、学業特待入試の結果が不本意だった場合,受験料無料または安い金額で、最初の合格種別を保持したままもう一度受験できる入試、再チャレンジ入試があります。(緑色の部分)例えば白鴎足利高校の1月5日の学業特待入試でB合格だったお子様が、1月27日のランクアップ入試を受験すると、受験料無料で、結果が良ければA合格にレベルアップできます。レベルアップできなくても最初のB合格の権利は持っていますので,必要に応じて受験していただければと思います。樹徳も同じく無料でこのステップアップ入試を受験できますが、学業奨学生入試の単願切り替えの期限が1月26日、ステップアップ入試の単願切り替えの期限が2月23日と、2段階で設定されています。最初の学業奨学生入試で出た合格種別は持っていますが、単願切り替えの権利は1月26日でいったんなくなり、ステップアップ入試を受けた時に出た合格種別の単願切り替えの権利が2月23日まであるということですので、ご注意ください。なお、桐生第一高校には、現在このような再チャレンジの入試制度はありません。

 

第8回「私立学業特待入試④ 3つの意義」

第5回~第7回まで私立高校の学業特待入試について触れてきましたが、公立高校を第一学志望にしているお子さまにとっての私立学業特待入試の意義をまとめさせていただきます。

① 公立高校受験の万が一に備えての「保険」

ステップでは模擬テストの結果以外にも、様々な資料を使った受験指導を行っております。それなので公立高校後期入試にの合否判定はかなり精度の高いものに鳴っています。ただ、それでもお子さまの当日の体調など、その場にならないとわからない不確定要素も受験には含まれてしまいます。それで力を発揮することができずに、合格できなかった場合の進学先としての高校を私立学特入試の段階で「保険」とキープしておくことは大切なことです。

② 公立高校受験決定のための「模擬テスト」

私立学業特待入試では細かに合格区分が出されます。どの合格区分で受かっているかで、志望する公立高校に合格できるかをみる模擬テスト的な使い方ができます。

③ 公立高校「第一志望校」へ向けての「精神安定剤」

第一志望公立高校の合格基準に準ずる合格区分で私立学業特待入試に受かることができれば、精神的に不安になる受験直前に大きな「精神安定剤」になります。

これらのことからステップでは複数の私立高校の学業特待入試を受験することをお勧めしています。

第9回「二学期以降で注意が必要な3つの時期①」
① 中学校での面接時 

 まず1つ目は,多くの中学校で11月に実施される中学校での面談時です。この面談でお子様によっては志望校が難しい、厳しいと言われることがあります。学校の先生方は学校の実力テスト、定期テストなどの結果を踏まえてそのような話をされるのですが、まだ、この時期に志望校を下げないでください。極端な例ですが、志望校を変えるのは志望校変更日(3月初旬)までは可能です。そこまでは最大限努力をしてほしいと思います。もしそこで、志望校を下げることになっても、そこまでの頑張りはこの先の人生においてプラスになると思いますし、高校に入学してからも頑張れるきっかけにもなります。しかし、この時期に志望校を下げてしまうとなかなか元の志望校に戻すことはできません。それどころか緊張感が薄まり、成績が下がることにも繋がってしまいます。もちろん偏差値と志望校の基準偏差値が大きく離れていれば見直しも必要ですが、それ以外はギリギリまでしっかり頑張って欲しいと思います。また、この面談時に、志望校を一つ下げれば前期でも受かるかもよ、とお話をされることがあります。ただ、これも絶対ではないのです。このような話が出た場合も、その場で判断せず、ぜひステップにご相談いただけたらと思います。

第10回「二学期以降で注意が必要な3つの時期②」
② 私立高校学業特待入試発表時 

2つ目は私立高校の学業特待入試の発表時です。受験情報でも今までに細かく書かせていただきましたが、学業特待入試の発表は1月の中旬頃になります。私立高校の入試判定は、公立高校のように、合格・不合格という判定だけでなく、様々な合格種別があります。その発表時において、希望する合格種別、またはそれ以上で合格した場合には、ほめて、一緒に喜んであげてる良いと思います。もし、希望の種別で受からなかった場合には、一緒に落ち込まずに、励ましてあげてください。お家の方が不安を抱えていたり、動揺していたりすると、隠しているつもりでも、お子様は何となく気付いてしまうものです。この時点で公立後期入試まで残り一ヶ月半程度です。限られた時間の中でどれだけ集中して効率的に勉強できるかが重要ですので、ご家族が動揺しないようにしていただければと思います。この入試が「本番の入試」としては初めてという方もたくさんいらっしゃると思います。緊張して本来の力がだせなかったりとか、当日の体調、問題との相性など、様々なことが合格種別に関係してきます。公立高校の入試までにそれらを改善・修正していくことはもちろんですが、とにかくこの場面では、良い結果だけを受け止め、志望校合格に向かって最後まで頑張るという気持ちを持ち続けるこがとても大切です。また、お子さまは、合格発表時に友人との種別の違いなどを気にして、極端に落ち込むこともあります。そんな様子が見られたりしたときには、すぐにステップにご相談ください。

第11回「二学期以降で注意が必要な3つの時期③」
③ 私立高校学業特待入試発表時 

3つ目は公立高校の前期入試の発表時です。前期入試に関しては後ほど、情報を掲載しますが、学校生活での様々な要素で合否が判断されます。それなので、自分より模擬テストの結果や定期テストの結果が悪い友人が合格して、自分が不合格になってしまうということがあります。ステップからも多くの前期試験合格者が出ますが、「なぜこの生徒が合格して、この生徒が不合格になるのか?」と、わからないことが毎年あります。期待をすれば、不合格の時のショックも大きくなります。前期入試発表から後期入試までは期間もなく、精神的に不安定になってしまうと、大変な時期です。「合格を期待することなく」受験して、不合格だったとしても「学力的な問題だ」と思うことなく、「たまたまくじにはずれた」ぐらいの気持ちでいることが大切だと思います。特に保護者の方が過度の期待をして、不合格だった場合にお子さまに与える影響が大きいと思います。是非、気を付けていただきたいです。

第12回「個別補習」
ステップでは毎年10月中旬から個別的な補習を行っています。模擬テストの結果を見て、志望校の基準に成績が届いていないお子さまを対象に、ステップから教科を指定して、授業終了後1時間ほど行っています。終了時間は遅くなってしまいますが、苦手教科の克服には非常に有効です。ステップからの指名がなかったお子さまも希望者は受講することができます。この個別補習はテスト毎に成績を見直し、教科を変更し、2月末まで行います。なお、お子さまの体調管理を考え、私立学業特待前は一旦お休みし、また1月中旬から2月末まで実施いたします。

 

 

 

 

第13回「冬期講習会」
ステップでは12月第二週から第三週までに中学校で習う範囲を全て教え終わります。その後、冬期講習会では、総復習をかねて、近隣の私立高校の学業特待入試の過去問を使った演習と解説を行います。学業特待入試は学校毎に出題形式に特徴があるので、それに慣れることや、時間配分などの練習にもなります。また、毎回得点を計算し、どのくらいの合格区分で受かるかを判定できます。きちんと準備して、1月初旬の私立学業特待入試に臨んでもらいます。この時期に注意してもらいたいのは、健康管理です。この時期は早寝、早起きをして、規則正しい生活を送ることが重要です。体調が悪かったり、風邪などにかかった場合は無理をせず、しっかり休養をとり、早く直すのが一番良いです。試験直前で気持ちが焦るのはわかるのですが、体調が悪い状態で無理して塾に来てなかなか直らないのは、集中できない時期を延ばすだけなので、逆効果です。試験当日にベストの体調で臨んでいただきたいです。

第14回「前期選抜入試」
以前は「前期選抜入試」では「学力検査」をおこなわない高校もあったのですが、現在は全ての高校で「学力検査」が導入されています。この「学力検査」は「国語」「数学」「英語」の3教科で実施され、各教科とも、中学校卒業までに身に付けておくべき基礎的・基本的な知識・技能を中心とした問題になっています。また、一部の高校では「学力検査」に代えて、「総合問題」が実施されます。「総合問題」は、各教科で習得した知識・技能を総合的に活用し、教科を横断して、課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力等を問う問題とされ、実施する各高校で作成されます。ちなみに平成30年度入試では、高高・高女・前高・前女・太高などの高校が「総合問題」での出題になっています。また、この「学力検査」・「総合問題」のほかに、「面接・作文等」も実施されます。
「面接・作文等」とは、面接、英語面接、実技検査、作文、小論文、パーソナル・プレゼンテーション等のうちから、いずれかを高校が選択して実施します。そして、合否は「調査書」「学力検査(又は総合問題)」及び「面接・作文等」の結果を総合して判定されます。「学力検査」だけ、「調査書」だけで合否が決まるわけでないので、不合格になったときに落ち込まないようにしてほしいと思います。学校の通知表の成績が良い、部活動での成績が非常に優秀である、生徒会活動を一生懸命にやっていた、これらことは、高評価に繋がりますが、それだけで合格できるわけではありません。ステップからも多くの「前期選抜入試」合格者が出ますが、様々な要因が組み合わさっての合格だと考えられます。きちんと学力をつけて、「後期選抜入試」できちんと合格できるようにしておけば良いのです。特にご家族の方が合格を期待しすぎると、不合格になったときに、本人にもご家族の動揺が伝わり、良くない影響があります。是非気をつけていただきたいと思います。

 

前期入試の時に高校に提出する志願理由書です。
志望動機や自己PR、中学校での生徒会活動や部活動などを記入します。